試作サービス

たとえばこんな困りごと

技術力と発想力でお困りごとにお応えします。

1:密閉しなくても水漏れしないカップがあったら。

密閉するためには手間もコストもかかります。フタをパチッと閉めるだけで水漏れしないカップがあったら便利ですよね。軽量で、密閉できるカップは再利用にも最適。省資源にもつながります。こんなタイプ(PDF)はいかがですか?

 

2:袋に入れずに運べるカップがあったら。

袋を使うと環境にもよくありません。カップだけで持ち運びできたら、エコで、スマート。

こんなタイプ(PDF)はいかがですか?

 

3:ガラスの器のように美しいカップがあったら。

いかにもプラスチックというカップではつまらない。だからと言って、模様や色がついていては食品がよく見えません。こんなタイプ(PDF)はいかがですか?

 

4:環境にやさしいカップがあったら。

燃やしても、廃棄しても、リサイクルしても、環境にやさしい、食品包装容器をつくる、それが株式会社三栄工業の基本。植物由来素材を使用したバイオプラスチックの研究も進めています。

 

5:大量の食材を一度に、清潔に運べたら。

1人前、2人前用の小さなカップはあるけれど、業務用に大量に運んだり、保存できる容器って案外ありません。こんなタイプ(PDF)はいかがですか?

 

6:カップのような深型のカップがあったら。

はじめはパイナップル用に開発したカップが、いつのまにか…お客様の発想力でその用途が広がっています。
素材を研究し、金型から自社開発する株式会社三栄工業だからこそ、できることがあります。

こんなタイプ(PDF)はいかがですか?


7:重ねて美しくディスプレイできたら。

重ねてディスプレイすると、ズレたり、崩れたり。底の形を工夫すれば、重ねて置いても美しくディスプレイできるパックができます。

 

8:衛生面で安全性の高いカップがあったら。

食品を入れる容器ですから、安全性には万全の配慮が必要です。株式会社三栄工業では、衛生管理を徹底し、高水準の生産環境で安心、安全な食品包装容器を生産しています。

代表取締役 林 義彦